医院名:浅香耳鼻咽喉科クリニック 
住所:〒158-0093 東京都世田谷区上野毛1-19-1
メゾン上野毛1階
電話番号:03-3703-8733

いびき・睡眠時無呼吸症候群

一番上に戻る
TEL:03-3703-8733 インターネット予約
電話で予約 インターネット予約

睡眠時無呼吸症候群(SAS)

いびきとは睡眠中に上気道が狭窄することによってのどから発生する音です。
閉塞がひどくなるといびきだけではなく就寝中に呼吸が止まり、睡眠時無呼吸症といわれる病気となることがあります。
英語では”SleepApneaSyndrome”という疾患名で、”SAS”と表記されることもあります。睡眠中に呼吸が10秒以上止まる気流停止の状態を『無呼吸』と呼び、それが1晩に30回以上ある、あるいは1時間あたり5回以上ある場合に睡眠時無呼吸症候群と診断されます。
無呼吸が起こってもほとんどの場合は自覚症状がないため、知らずに症状を起こしているケースがとても多くなっています。身近な人にいびきや無呼吸を指摘されたら、できるだけ早く耳鼻咽喉科を受診してください。
睡眠時無呼吸症候群は、脳や全身が酸素不足を起こして深刻な病気のリスクを上昇させ、睡眠の質や量が大幅に低下して日中に抵抗できない強い眠気が襲ってくるため大きな事故の原因になることがあります。また、集中力が低下するなど、仕事や学習をはじめ、日常生活に悪影響をおよぼしやすく、スポーツのパフォーマンスも下がってしまいます。
下記のような症状に少しでも心当たりがあるようでしたら、早めに受診して検査を受け、適切な治療によって快適で健康な生活を取り戻しましょう。

  • 健常者の気道

    健常者の気道

  • 無呼吸患者さんの気道

    無呼吸患者さんの気道

睡眠時無呼吸症候群の症状

眠っている時に呼吸が止まっていること自体を自覚できることはほとんどありません。特に、いびきは身近な方の指摘ではじめてわかることが多くなっています。また、重症になると高血圧や不整脈、心筋梗塞など循環器疾患に悪影響を及ぼします。そのため、下記のようなことに気付いたら、早めに受診してください。

睡眠時
  • 大きないびきをかく
  • 睡眠中に時々呼吸をしていないことを指摘された
  • 息苦しくて目覚めることがある
  • 夜中、トイレに起きるようになった
起床時
  • なかなか起きられない
  • 十分な時間の睡眠をとっても熟睡感がない
  • 寝起きに頭痛や肩こりがある
  • すっきりせず、だるい
  • 喉が渇いている、喉がガラガラする
日中
  • いきなり強烈な眠気に襲われて短い間意識が途切れる
  • 集中力がなくなった
  • だるい、倦怠感がある、疲れやすい

睡眠時無呼吸症候群の原因

睡眠中に気道が狭くなってしまう閉塞性睡眠時無呼吸(OSA)と、呼吸中枢に問題がある中枢性睡眠時無呼吸(CSA)に分けられます。

閉塞性睡眠時無呼吸(OSA)

気道が狭くなって呼吸が止まり、息苦しくなって呼吸を再開する状態です。呼吸が止まっている間に呼吸しようとする動きを見せます。肥満している、骨格、特に顎が小さいと物理的に気道が狭くなってしまい、呼吸が止まりやすくなります。

中枢性睡眠時無呼吸(CSA)

呼吸のコントロールは脳の延髄が指令を出しています。気道も開いていて身体の異常はありませんが延髄からの指令がなくなって呼吸が止まり、呼吸しようとする動きを見せることもありません。延髄からの指令が再び出ると呼吸を再開します。

睡眠時無呼吸症候群(SAS)の検査方法

睡眠時無呼吸症候群(SAS)の検査方法当院では睡眠時無呼吸症候群の簡易検査を行っております。ご自宅で検査機器を装着して1晩眠る検査です。センサーを鼻や指に張り付け、あとは普段通りに眠るだけです。痛みなどは一切ないため気軽に受けていただけます。この検査によって睡眠中の呼吸状態、血中酸素飽和度などを1晩測定することで無呼吸や低呼吸の有無・頻度などを調べることができます。なお、精密検査の必要があれば専門の検査施設等に紹介し、入院して検査を行います。

睡眠時無呼吸症候群の治療

減量、側臥位による睡眠指導、マウスピース、CPAP(経鼻的持続陽圧呼吸)療法、手術療法がありますが、当院では、患者さんのライフスタイルに合った治療法を提案していきます。
肥満している場合、それを解消するだけで症状が大きく軽減できる場合があります。他の生活習慣病リスクを下げることもできるため、治療だけでなく根本的な生活習慣の改善も不可欠です。無呼吸の症状を放置してしまうのは危険ですし、生活の質を大きく下げてしまうため、当院では治療と並行して生活習慣改善の具体的で丁寧なご指導も行っています。

CPAP療法

日本語では、経鼻的持続腸圧呼吸療法と呼ばれます。睡眠中に鼻から常に空気を送り込んで気道が開いた状態を保ち、呼吸できない状態になるのを防ぎます。マスクを装着して眠るため、息苦しいようなイメージを持つ方が多いのですが、とても楽に呼吸できるようになって熟睡できます。送り込まれる空気の圧は微妙にコントロールされていますし、停電が起きても停止しない機能を備えているため、安心して治療を受けられます。
治療効果が高く、現在では日本、アメリカ、ヨーロッパでは睡眠時無呼吸症候群の標準的な治療法となっています。

  • CPAP療法
  • CPAP療法

マウスピース

比較的症状が軽く、顎の形状によって横になると気道がふさがれやすいケースに効果が期待できる治療法です。このマウスピースは下顎を上顎より前に出るように固定することで気道を広く保つことができます。

外科的手術

扁桃やアデノイドが肥大して気道の狭窄や閉塞を起こしやすい場合には、摘出手術が有効となる可能性があります。無呼吸や低呼吸を起こしやすくするほかの要因がない場合は根治治療となります。手術が必要な場合は専門の医療機関をご紹介いたします。