医院名:浅香耳鼻咽喉科クリニック 
住所:〒158-0093 東京都世田谷区上野毛1-19-1
メゾン上野毛1階
電話番号:03-3703-8733

鼻のよくある症状

一番上に戻る
TEL:03-3703-8733 インターネット予約
電話で予約 インターネット予約

鼻づまり

鼻づまりは慢性化すると息苦しさ、匂いがわからなくなる、いびきをかくなどで生活の質を下げるだけでなく、健康への悪影響をおよぼす可能性があります。鼻がつまって口呼吸になるとかぜやインフルエンザへの感染リスクが高くなります。また脳や全身への酸素が不足して集中力が低下したり、疲れやすくなります。子どもの場合には、身体の成長や学業に影響する可能性もあります。
鼻づまりを起こす原因では、炎症による粘膜の腫れ、良性のできものである鼻茸、粘り気の強い鼻水が多くなっています。疾患ではかぜやアレルギー性鼻炎、副鼻腔炎などがあります。子どもの場合には、アデノイドが後ろからふさいでいるケースもあります。なお、片側だけ鼻がつまっている場合は、鼻の穴の左右を分けている鼻中隔が大きく弯曲している鼻中隔弯曲症であるケースが多くなっています。
鼻づまりがある場合、鼻腔通気度検査で程度を調べて、状態に合わせて治療を行います。粘膜の腫れがある場合には鼻の処置やネブライザーによる治療を行い、薬を処方します。また当院では鼻づまりの日帰り手術を行っております。

鼻水

水のような鼻水はかぜやアレルギー性鼻炎が主な原因です。熱があればかぜ、くしゃみが出る場合はアレルギー性鼻炎の可能性が高いと言えます。黄色っぽく粘度の高い鼻水が出る場合には、副鼻腔炎が疑われます。いわゆる蓄膿症と呼ばれる病気で、早めに適切な治療を受けることが重要です。特に子どもは身体の成長や学業への悪影響が出ないよう、できるだけ早く受診するようにしてください。
なお、子どもの場合、鼻の中に何か入れてしまってそれが詰まり、鼻水を出している可能性があります。子どもは好奇心旺盛ですから異物を鼻に入れてしまうケースは珍しくありません。無理に取ろうとすると粘膜を大きく傷付けてしまったり、奥に押し込んでしまう可能性がありますので、必ず耳鼻咽喉科を受診するようにしてください。

くしゃみ

鼻は中に異物が入ると知覚神経が刺激され、異物を外に出すために反射的にくしゃみを出します。正常な防御反応ですが、かぜやアレルギー性鼻炎、花粉症などでくしゃみが続くことがあります。鼻水、熱、目のかゆみ、だるさなどがあった場合には、鼻炎やかぜの可能性がありますので、悪化させないうちの受診をおすすめします。

匂いがわからない(嗅覚障害)

匂いを感じとる部分に匂い分子が到達できない、あるいは匂いを感じとる部分がダメージを受けると嗅覚障害を発症し、匂いがわからなくなります。この場合、まずは原因となっているかぜや副鼻腔炎、鼻中隔弯曲症などの治療を行う必要があります。

鼻血

鼻の粘膜には豊富な毛細血管があって、それが傷付いて出血を起こしています。外傷以外でも、特に思い当たる原因なく鼻血が出ることがあります。高血圧では血管が傷付きやすく出血しやすい傾向があり、鼻内の腫瘍によって出血している可能性もあります。鼻血が続く場合は、必ず受診してください。

鼻が臭う

鼻のにおいが気になる、ドロッとしたくさい鼻水が出るなどの場合、副鼻腔炎(蓄膿症)の可能性が高いと言えます。近年は減少傾向にありますが、副鼻腔炎はまだまだ患者数が多い病気です。細菌やウイルスに感染して起こりますが、虫歯の炎症から副鼻腔炎を発症しているケースもあります。副鼻腔炎は慢性化する前に治療することが大切です。当院では慢性化している副鼻腔炎の日帰り手術も可能です。

後鼻漏(こうびろう・鼻水が喉に流れる)

鼻水は鼻の穴から出てくるだけでなく、中から喉の方に流れてしまうことがあります。これは生理的な現象ですが、量が増える・粘度が増して付着するなどを起こすと不快感が生じ、口臭や痰の原因にもなります。多くは副鼻腔炎やアレルギー性鼻炎で起こりますが、鼻の一番奥と接している上咽頭の炎症によって起こっていることもあります。疾患の治療とともに、鼻の洗浄などの処置で状態を改善させます。鼻洗浄は鼻うがいとも呼ばれ、生理食塩水を使ってご自分でされる方もありますが、鼻粘膜や耳にダメージを与える可能性があるので耳鼻咽喉科で指導を受けてから行うようにしましょう。