医院名:浅香耳鼻咽喉科クリニック 
住所:〒158-0093 東京都世田谷区上野毛1-19-1
メゾン上野毛1階
電話番号:03-3703-8733

喉のよくある症状

一番上に戻る
TEL:03-3703-8733 インターネット予約
電話で予約 インターネット予約

喉の痛み

喉の炎症で神経が刺激されて痛みを起こします。かぜ、咽頭炎、扁桃炎、扁桃周囲膿瘍、喉頭炎、急性喉頭蓋炎などがあります。特に強い痛みを生じやすいのは、扁桃炎や扁桃周囲膿瘍で、飲み込む際に強く痛みます。急性喉頭蓋炎の場合は呼吸困難を起こす可能性があるため、息苦しさや呼吸しにくさがあったらできるだけ早く受診してください。

喉の違和感・異物感

異物感、詰まった感じなどの違和感がある場合、咽頭炎・扁桃炎・喉頭炎などの炎症が原因の可能性があります。また逆流性食道炎など消化器の異常によって違和感が起こることもあります。まれですが、喉頭がんや咽頭がんの初期症状として喉の違和感が起こっている可能性もあります。「痛くないから」と放置せず早めに耳鼻咽喉科を受診してください。また、器質的な疾患がない咽喉頭異常感症でこうした症状を起こすこともあります。これは心身症の1種であり、悪化させないためにも早期の受診が重要です。

声枯れ

声枯れは、かぜや喉頭炎などの炎症で起こることがよくあります。病気が治るにつれて声枯れの症状も緩和していきます。注意が必要なのは、声帯ポリープ、声帯結節、喉頭がん、下咽頭がん、反回神経麻痺などによる声枯れです。声枯れが続いて症状が緩和しない場合には、できるだけ早く受診しましょう。

咳・痰

1~2週間程度の咳が続く場合、ほとんどはかぜや急性喉頭炎・急性気管支炎が原因となっています。それ以上の期間に渡って咳が続く場合には、喉頭アレルギー、血圧の薬の副作用、咳喘息、慢性気管支炎、肺結核、肺がんなどの喉や気管、肺の疾患によるものや、逆流性食道炎の可能性があります。痰は呼吸器である気管などの粘膜を守るために分泌されている液体が増え過ぎてかたまりになり、それが排出されたものです。かぜや気管支炎、気管支喘息、咽頭炎、喉頭炎などが原因で痰が増えることはよくあります。咳や痰が2週間以上続く場合には、必ず耳鼻咽喉科を受診するようにしてください。

痰に血が混じる

気管や肺などの呼吸器、鼻、歯ぐき、喉、食道などの消化器からの出血によって、痰に血が混じることがあります。鼻や口、喉に出血の原因があるかどうかは耳鼻咽喉科の検査でわかります。こうした検査で異常が確認できなかった場合には、消化器科や呼吸器科の受診が必要になりますので、信頼できる医療機関をご紹介しています。

飲み込みにくい・飲み込めない

飲み込んだ飲食物は、喉から食道を通って胃に届きます。飲み込みにくい症状はこの通り道のどこかが狭窄している、あるいは飲み込むための筋肉が弱くなっていて起こります。また、炎症による腫れがあって飲み込みにくくなることもあります。咽頭がんや食道がんなどの悪性腫瘍の可能性もありますので、できるだけ早く受診してください。
むせる症状は、喉から気管と食道に分かれる喉頭で食道に入るべきものが気管に入ってしまって起こります。飲食物が気管に入ってしまうことは誤嚥と呼ばれ、肺炎リスクが高い状態です。特に高齢者は誤嚥を起こしやすい傾向にあります。

いびき

睡眠中に喉が狭くなり、そこが呼吸によって振動していびきが起こります。無呼吸をともなうと睡眠時無呼吸症候群となり、慢性的な睡眠不足によって事故リスクが高くなり、健康への悪影響も大きい危険な状態です。副鼻腔炎(蓄膿症)など鼻が詰まる疾患があるといびきをかきやすくなります。また肥満や過度のアルコール摂取、顎の位置などもいびきや睡眠時無呼吸症候群のリスクになっています。治療で改善できますので、早めにご相談ください。