医院名:浅香耳鼻咽喉科クリニック 
住所:〒158-0093 東京都世田谷区上野毛1-19-1
メゾン上野毛1階
電話番号:03-3703-8733

扁桃肥大・アデノイド

一番上に戻る
TEL:03-3703-8733 インターネット予約
電話で予約 インターネット予約

扁桃肥大

扁桃肥大口蓋扁桃は、成長によって大きさが変化します。3歳頃に大きくなりはじめ、大きさのピークを迎えるのは7歳頃、その後は小さくなっていきます。口蓋扁桃が大きくなる時期に肥大を起こすと呼吸障害という深刻な症状を起こすことがあります。また、飲み込みに関する障害、いびきや睡眠時無呼吸、慢性的な睡眠不足などの睡眠障害を起こす可能性があり、成長や学習に支障をおよぼすこともあります。
扁桃肥大は保護者の方が子どもの症状に気付いてあげることが重要です。いびき、食べるのが遅いなどの様子が見られたら早めに耳鼻咽喉科を受診してください。
診察では、口蓋扁桃の大きさだけでなく、肥大による症状の程度をしっかり調べることが重要です。症状が強い場合には、扁桃摘出術の手術が可能な信頼できる高度医療機関をご紹介します。

アデノイド肥大

アデノイドは鼻の一番奥、喉との間の上咽頭にあるリンパ組織のかたまりです。口蓋扁桃のように成長によって大きさが変化し、2歳頃に大きくなりはじめ、大きさのピークを迎えるのは6歳頃、その後は小さくなっていきます。口蓋扁桃より成長が1年ほど早い傾向がありますがほぼ同じように変化していきます。アデノイドが肥大すると急性中耳炎を繰り返して慢性化させやすく、鼻声、鼻詰まりや口呼吸、いびき、睡眠時無呼吸などの症状を起こすため、成長や学習への悪影響につながる可能性があります。かぜが治ってからも鼻詰まりや口呼吸、いびきなどが続く場合には、耳鼻咽喉科の受診が必要です。保護者が普段の様子を観察して、症状があてはまるようでしたら、できるだけ早くご相談にいらしてください。
診察では問診や視診、レントゲンなどで肥大の程度を観察し、鼻や喉の通りの状態を確認します。内視鏡を用いて観察することもあります。呼吸障害や睡眠時無呼吸の症状があるなどの場合には、手術が可能な信頼できる高度医療機関をご紹介しています。
アデノイド肥大があっても症状がなければ経過観察だけで大丈夫です。ただし、中耳炎や副鼻腔炎を繰り返しやすく、慢性化させてしまうと治すのが大変になっていきます。しっかり診察を受けて、問題がないか確かめるようにしてください。

睡眠時無呼吸症候群

扁桃やアデノイドの肥大は、睡眠時無呼吸の症状を起こすことがあります。睡眠中に呼吸がたびたび止まるため十分な睡眠が取れず、身体の成長への悪影響が起こる可能性があります。また、日中に強い眠気が起こって集中力ななくなり学習に影響することもよくあります。当院では睡眠時無呼吸症候群の簡易検査をお子様でも受けられるようにしています。この検査は、扁桃やアデノイドの肥大による影響を正確に診断するために大きく役立ちます。