医院名:浅香耳鼻咽喉科クリニック 
住所:〒158-0093 東京都世田谷区上野毛1-19-1
メゾン上野毛1階
電話番号:03-3703-8733

アレルギー性鼻炎

一番上に戻る
TEL:03-3703-8733 インターネット予約
電話で予約 インターネット予約

当院ではアレルギー性鼻炎の日帰り手術を行っております。お気軽にご相談ください。

アレルギー性鼻炎

アレルギー性鼻炎身体には異物や細菌・ウイルスなどから守る免疫反応という働きがあって、有害なものの侵入を防いでいます。この免疫反応が過剰に働いてしまうことがあり、本来は無害なものに反応してアレルギーの症状を起こすことがあります。アレルギー反応を起こす原因物質はアレルゲンと呼ばれており、よく知られたアレルゲンには花粉症を起こすスギ花粉などがあります。
アレルギー性鼻炎は、スギ・ヒノキ・ブタクサなどの花粉、ハウスダスト、ペット、昆虫などがアレルゲンとなって起こる鼻炎で、鼻の粘膜にこうしたアレルゲンが触れることで症状を起こします。花粉症はアレルゲンである花粉が飛ぶ季節だけ症状を起こすため季節性アレルギー性鼻炎に分類されます。ハウスダストなど季節に関係なく症状を現すものは通年性アレルギー性鼻炎です。
症状があったらアレルギー反応を起こすアレルゲンをできるだけ早く特定し、治療とともにアレルゲンに極力触れないよう注意することが重要です。

通年性アレルギー性鼻炎

ハウスダスト、犬・猫などペットの毛・唾液・フケ、ダニ、昆虫、カビ(真菌)などにより引き起こされます。

季節性アレルギー性鼻炎(花粉症)

スギ、ヒノキなど春に花粉飛散を起こすものが有名ですが、ブタクサなど春以外の季節に花粉を飛散させる植物で花粉症になることもあります。複数の種類の植物にアレルギーを起こす方もあります。

アレルギー性鼻炎や花粉症の代表的な症状

  • くしゃみ、鼻水、鼻詰まり
  • 目のかゆみ
  • 涙が出る
  • 喉に違和感がある
  • 頭痛

アレルギー性鼻炎の検査

アレルギー性鼻炎の検査血液検査でアレルギー物質を特定します。代表的なアレルギー物質はこの検査でわかります。アレルギーの強さも判断できます。
その上で鼻腔内視鏡検査を行って粘膜の状態を確認します。これにより、他の疾患による病変の有無も確かめることができます。

アレルギー性鼻炎の保存的治療

主に薬物療法で治療を行っていきます。症状が強く日常生活に悪影響がある場合には、レーザーを用いた治療や手術なども可能です。

薬物療法

アレルギー性鼻炎の治療薬は豊富で、効果の現れ方、症状などに合わせて選びます。当院では患者様のライフスタイルや、症状で特にお悩みの点などをくわしくうかがった上で治療方法をご提案しています。また、運転や危険をともなうお仕事をされていたり、テストなどがあって集中力を下げない治療を希望される場合には、眠くなりにくい薬を処方しています。アレルギー性鼻炎の治療は継続的に行っていきますので、治療途中に気になることがあったら遠慮なくお伝えください、より患者様に合った薬の処方に見直していきながら最適な治療につなげていきます。
なお、花粉症の場合、花粉の飛散時期より少し前に治療をはじめると楽に乗り切れる可能性が高くなります。早めにご相談ください。

舌下免疫療法

スギ花粉とダニに対するアレルギーの場合、舌下免疫療法が有効な場合があります。これは、治療薬を舌下にしばらく置いてから飲み込む治療法で、毎日の服用が必要です。ご自宅で治療可能です。医師の指示を守って服用することで長期間に渡って症状を抑えることができ、継続治療でも通院頻度が抑えられます。なお、スギ花粉症の場合、花粉が飛散している時期には新規に治療をスタートすることができませんが、治療をスタートしてから花粉飛散時期を迎えた場合には服用を継続します。通年性の場合はいつでも治療が始められます。

アレルギー性鼻炎の手術療法

当院ではアレルギー性鼻炎の患者様に対して、保存的療法で改善が見られない場合、日帰り手術による治療も可能です。

下甲介粘膜焼灼術

継続的な薬の服用が難しい、薬物療法で充分な改善が得られないなどの場合には、下甲介粘膜焼灼術を日帰り手術として受けることができます。高周波で鼻粘膜を焼灼してアレルギー物質に反応しにくい状態にします。処置を含めた治療時間は30分弱程度で、高周波を照射するのは5分程度です。通院は3~4回必要ですが、効果が半年から2年ほど続くため通院頻度を下げることができます。鼻詰まり、くしゃみ、鼻水の症状を改善する効果が高く、鼻詰まりの症状がある方の8割以上に改善が確認されたと報告されています。効果がなくなってきたら、再び受けることができます。ただし、目や喉の症状緩和にはつながりません。また、1度の照射で充分な効果が得られる場合もありますが、何度が受けていただかないと効果を実感できない場合もあります。アレルギーによる鼻詰まりで不眠傾向がある方、薬で集中力が低下してしまう方、スポーツを思いきりされたい方などには特におすすめできます。
子どもでも治療中に動かないでいられる場合はこの治療を受けることが可能です。

粘膜下下甲介骨切除術

鼻づまりが強い場合や、アレルギー反応を繰り返すことで粘膜が厚くなってしましった場合に行う手術方法です。下甲介は最も大きい鼻の粘膜のことで、その中には骨(下鼻介骨)があります。空気の通り道を確保するために、粘膜を切開して下甲介骨を剥がし、骨を除去する手術です。こちらの手術は、鼻づまりの改善のために、鼻中隔矯正術と併用することが多いです。

後鼻神経切断術

アレルギー性鼻炎の重症例の患者様で、他の治療法で効果が得られない場合に行う手術です。後鼻神経は鼻水やくしゃみなどのアレルギー反応に関与している神経と言われています。この神経を切断することで、アレルギー反応を減らし、症状の改善が見込めます。上記の粘膜下下甲介骨切除術と併用して行うことが多いです。

手術の流れ

おおまかな手術の流れについてご紹介いたします。

ご来院

まずは診察を行いますので、ご来院ください。インターネット予約も可能です。30日先まで予約可能です。

診察・術前検査

問診や症状の確認を行います。手術の適応と安全に手術ができるかどうかしっかり検査します。

手術

予約した手術日にご来院いただきます。当院の手術は全て入院不要の日帰り手術です。

再診

手術後にご来院していただき、術後の経過を確認します。

手術費用について

手術名 保険点数 3割負担
下甲介粘膜焼灼術 900点 2,7000円
内視鏡下鼻腔手術Ⅰ型(粘膜下下甲介骨切除術) 6,620点 19,860円
後鼻神経切断術 30,460点 91,380円

上記費用とは別に診察料、薬剤料、処方料などが加算されます。